山本 絃美

ちゃぶ台を返させない


「ちゃぶ台返し」とは、ちゃぶ台をひっくり返す行為によってその場の人間を制圧し、コントロールする現象を指す。それを行うのは、権力を持つ者である。
現代では、日常の風景として「ちゃぶ台返し」を目にすることはないが、依然として様々な場面で暴力的で権力的な振る舞いが行われている。そして、ちゃぶ台を囲んでいる人々が言葉を発することができるのは、いつも事が終わってからである。
本作では、ちゃぶ台がひっくり返されようとする一瞬を凍結し、その時間を可視化することを試みた。決して過ぎ去ることのない出来事について、考え続けている。