小牧 果南

ふれあい石鹸


コロナ禍によって、他人と触れ合うことがはばかられる世界で私たちは生きている。しかし触れ合うことでしか得ることのできない感情や関係がある。私は自分自身の顔と両手を3Dスキャンし、それを元に固形アロマ石鹸を制作した。様々な人にそれを渡し、実際に使ってもらった後に回収した。間接的に私の身体に触れた形跡が、使用した石鹸の形に表れている。触れ合うことを禁じられた世界における、新たな接触の可能性だと私はそれを捉えている。
このふれあい石鹸を大切なあなたに届けたい。今や生活で欠かすことのできない手洗いという行為を通して、私とあなたが触れ合うことができると信じて。